IR情報

ディスクロージャーポリシー

1.基本方針

当社は、法令や規則に基づく適時かつ適正な情報開示を行うとともに、東京証券取引所「コーポレートガバナンス・コード」および金融商品取引法「フェア・ディスクロージャー・ルール」の趣旨・意義を尊重し、積極的かつ公正なIR活動を行うことを通じて、株主および投資家等との建設的対話を促進し、中長期的な企業価値ひいては株主共同の利益を高めていくことを基本方針とします。

2.情報開示の基準

当社は、会社法や金融商品取引法等の法令および東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則(以下、「適時開示規則」という)」にしたがって情報を開示することはもとより、ステークホルダーの皆さまが当社の理解を深めるために有益な情報については、財務情報・非財務情報に関わらず、適切に開示を行います。
また、当社は情報開示を行うにあたり、「フェア・ディスクロージャー・ルール」を遵守し、迅速かつ公平な情報開示に努めます。

3.開示の方法

当社は、適時開示規則等に該当する情報の開示を東京証券取引所の「適時開示情報伝達システム(TDnet)」を通じて行います。また、有価証券報告書、四半期報告書等の開示書類は、金融庁の「電子開示システム(EDINET)」を通じて公表します。
適時開示規則等に該当しない情報についても、投資判断上、重要と思われる情報については、当社ウェブサイト等を通じて速やかに開示します。

4.沈黙期間

当社では、決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、決算期末月(3月、6月、9月、12月) 3週間前から決算発表日までを沈黙期間として、決算に関連するコメント、ご質問等に関する回答を原則差し控えさせていただきます。ただし、沈黙期間中に業績予想と大きく変動する見込みが出てきた場合には、適時開示規則等に従い開示します。なお、沈黙期間中も、すでに公表済みの情報に関する範囲のご質問等につきましては対応します。

ページのトップへ