企業情報

基礎・応用技術

まだ見ぬ新しい技術、新しいモノづくりを生み出す根源として、基礎研究は当社の技術力を高めていくために欠かせない取り組みです。社会や顧客のニーズに応える姿勢はもちろん、物事を多様な角度から見つめ、まだ見ぬ研究のシーズを育てていくことも大切にしています。また、それらを応用してより実務的なモノづくりや技術の向上に結び付ける応用技術の分野においても、柔軟な発想と高い技術で付加価値のある技術の開発に努めます。

ダイヤモンド工具の可能性

当社は、ダイヤモンド工具専業メーカーとして、さまざまな知見と経験を活かしてより良いモノづくりに努めてきました。研究所における基礎研究と、工場の開発部門が担う応用技術は常に密接に連携しており、相乗効果の創出を目指しています。大切なことは、常に”より良いモノ”を求める姿勢。長い年月をかけて培ってきたダイヤモンドやその加工技術に関するノウハウを駆使して、絶えず製品の改善に励んでいます。

世界に目を向け最先端の工具づくりへ

今後、ダイヤモンドの研究を推進していくうえでは、海外との連携が増加していきます。超精密加工など新たな技術への参入も視野に入れ、そこで勝負できる工具づくりを目指していきます。経営資源、人的資源の投入も惜しむことなく、技術のさらなる飛躍を図っていかねばなりません。レーザーや光学機器など最先端技術の導入はもちろん、一方では、昔ながらの手作業による質の高いモノづくり技術も活かし、”工具”に新たな技術的価値を付加するための取り組みを推進していきます。

ページのトップへ