該当製品一覧タグ説明

  • CBNビトリファイドボンドホイール(内面研削用)「VSシリーズ」
    CBNビトリファイドボンドホイール(内面研削用)「VSシリーズ」
    自動車部品の様々な分野で内面研削に使用され、ミッションギヤ、インジェクションノズル、バルブボディ、クロスジョイントキャップ、コネクティングロッド、CVJ外輪内径やレース溝、CVJケージ窓、内球面などに使用されます。さらに、ベアリング内輪内径、外輪レース溝、コンプレッサ及びポンプ部品の内面研削などにも使用されます。その材質も浸炭鋼、炭素鋼、軸受鋼、焼結合金など、多岐にわたります。...
    詳しくはこちら
  • CBNレジンボンドホイール(両頭研削用)「メガスター」
    CBNレジンボンドホイール(両頭研削用)「メガスター」
    鉄系材料の両頭研削に驚異的な性能を発揮する新ボンド「MEGASTAR」を使用したホイールです。従来のボンドに比較して切れ味が20%改善、耐摩耗性が3倍を実現した[メガスター BMC]、鋳鉄部品の両頭研削向きで従来のボンドと比較して切れ味35%UP、寸法安定性能を2倍以上の[メガスター BMX]、鉄系焼結金属の両頭研削向きで従来のボンドに比較して切れ味が35%改善、寸法安定性が2.5倍を実現した[メ...
    詳しくはこちら
  • ロータリドレッサ
    ロータリドレッサ
    ロータリドレッサは一般の焼成砥石やCBNホイールの成形、ドレッシングに使用されます。高精度総形ドレッシングも短時間で行えるため、大量生産に威力を発揮します。製法として、焼結タイプと電鋳タイプがあり、焼結タイプは耐久性に優れており、電鋳タイプは小さく複雑な形状を高精度に製作できます。...
    詳しくはこちら
  • ギヤ研削用ロータリドレッサ
    ギヤ研削用ロータリドレッサ
    切れ味向上を目的とした電着タイプのロータリドレッサ。ユーザ歯車諸元に合わせた専用設計も可能です。...
    詳しくはこちら
  • 内研用ロータリドレッサ「エクセレント・ドレッサ」
    寿命が長く、ドレス性能が新品時からライフアウト直前まで安定したドレッサです。ドレスあたりの加工数が長く、サイクルタイムの短縮が可能です。...
    詳しくはこちら
  • 切れ味重視型電鋳ロータリドレッサ「アイストロール」
    切れ味重視型電鋳ロータリドレッサ「アイストロール」
    ダイヤモンド砥粒を規則配列させることで砥粒集中度を下げ切れ味を向上させた電鋳タイプのロータリドレッサ。ニーズに応じて砥粒集中度の調節が可能。複雑な形状が必要とされる部位の切れ味をコントロールすることができます。...
    詳しくはこちら
  • ドレッサ
    ドレッサ
    ダイヤモンドドレッサはシャンクの先端に1個または複数のダイヤモンドが焼結マウントされており、その鋭い切れ刃により砥石のツルーイング及びドレッシングを行います。 研削能率及び仕上精度はドレッサのツルーイング、ドレッシング能力が非常に大きく影響します。各種ドレッサはお客様の砥石成形に於ける様々なニーズにお応えしています。 ...
    詳しくはこちら
  • プリズマドレッサ
    プリズマドレッサ
    多結晶ダイヤモンドを使用したプリズマドレッサは、従来の人造単結晶ダイヤモンドと比較して劈開による欠損が発生しないため、耐摩耗性が高く、ドレッシング効率も大幅に向上します。 また、柱状ダイヤモンドを使用しているため、使い始めからライフアウトまで安定したドレッシング性能を発揮しますので、自動化ラインに最適です。砥石の種類や寸法に応じて、ダイヤモンドのサイズの選定が可能です。 ...
    詳しくはこちら
  • スパイラルドレッサ
    ドレス性、成形性に優れた焼結タイプのロータリドレッサです。特に高硬度な砥石の成形に威力を発揮します。ダイヤモンドをスパイラル状にセットしたことにより、円周方向の砥粒間隔が広がり切れ味が向上し、さらに幅方向の砥粒間隔が狭くなり、砥石を均一に成形出来るようになりました。この結果、高能率で高精度な研削加工が可能となりました。...
    詳しくはこちら
  • リーマ
    リーマ
    高度な加工技術による、リーマの要となる外径寸法や振れ精度の管理を基とした安定品質を軸とし、加工面粗さ・真円・同軸といった高精度要求や高速送りにも設計対応が可能です。ノーマル仕様から、付加価値仕様まで、多数の製品ラインアップで、お客様のニーズにお応えします。 ...
    詳しくはこちら
1 / 212

製品TOPへ戻る

ページのトップへ