企業情報

ご挨拶

人を育て、技術を磨き、社会に貢献し続ける企業として、これからも歩み続けてまいります。代表取締役社長 片岡 和喜

1937年の創業以来、当社はダイヤモンド工具の専業メーカーとして事業を深化させてまいりました。国内外を問わず広く事業を展開する独立した企業グループとして、人材や情報などあらゆる資源を独自の判断で投資できることが、当社の最大の強みであります。

当社の工具は、高い切削・研削能力や優れた耐久性を誇り、高速加工や精密加工に適していることから、電子・半導体、輸送機器、機械、石材・建設など非常に幅広い分野のモノづくりにおいて利用されています。同時に、ダイヤモンド工具は廃棄物量の削減に寄与すると共に、工具使用時の電力消費を抑えられることで、環境負荷低減の一助を果たしています。

昨今、多くの企業が、持続可能な社会の実現のため、事業を通じた社会課題の解決を目指すようになってきました。当社としても製品である工具をレベルアップできれば、幅広い分野のお客様がモノづくりをレベルアップでき、ひいてはさまざまな社会課題の解決につながっていくと考えられます。また、変化のスピードが非常に速いこの時代、イノベーションは必ずしも連続的には起こらず、一気に数段階を飛び越えることを求められる場合も少なくありません。当社の工具はそのイノベーション実現に不可欠な役割を担っており、鍵となる存在になりえます。

技術力の向上のために、外部機関と協力しての研究開発や工場間の連携、長年にわたり蓄積してきた情報やノウハウの活用などを積極的に推進しています。また、コンプライアンス徹底はもちろん、”人財の成長”を事業の基盤として、人材育成や技能伝承にも注力しています。

あくまでもダイヤモンドにこだわり続ける私たちの姿勢は、いつの時代も変わりません。ダイヤモンド工具のポテンシャルを広げ、さまざまな用途開発を実現させながら、これからもダイヤモンド工具のプロフェッショナル集団であり続けたい。人を育て、技術を磨き、社会に貢献し続ける企業として、これからも歩み続けてまいります。

ページのトップへ